こころのこと。

      人生ハードモード。            親ガチャを盛大に失敗した私の回復記録。笑

体感・寝具かなり大事だな…という話。

f:id:BeLucky:20201204014506j:image

※今日の話はあくまでも私の体感です。

 

以前からシックハウス症候群の話は書いていたのだけれど、ちょっとかなり驚いたのでマットレスの話を書いてみる。

↓この話の続編に当たります。

 

引っ越し直前の最悪な時期に寝る場所だけは確保しなければと高い某メーカーのマットレスを購入。

今思い返すとあんなに波動がありえないほど最悪な時期に高い買い物をしちゃいけなかったんだ…。家はミスらなくて本当によかった。考えるとゾッとする。家ミスってたら絶望しかなかった。しっかりあの最悪な時期、守護霊に繋がって相談してた私、本当に本当に偉かった🥲

 

さて、それはさておきマットレスの波動が低すぎて毎朝死にたくなる日々を半年過ごした私。(近寄ると胃にくるし頭痛が止まらない。)

f:id:BeLucky:20201204015451p:image

実際はこんな可愛いものじゃなくて毎朝全力の鬱。目覚めてすぐ死にたくなるのを半年繰り返して、頭が働かなすぎて原因にすら気づかない日々。

しかし、やっと気づいてマットレスサランラップ(梱包用のもの)をぐるぐる巻きにしたところ低い波動が7割閉じ込められてマシに。
f:id:BeLucky:20201204015456p:image

それでも残り3割のパワーで朝はやはりプチ鬱&無気力。

たまりかねていたのだが、ついにパートの給料が入った日に上に重ねるマットレスを買うことにした。というのも低い波動のアイテムに直接触れるのはもはやウンザリだから。朝鬱ももう勘弁してほしい…。

 

マットレスは値段が高すぎてちゃんとしたものに簡単に買い替えができないのが悲しい。言ってしまうけれどこのやたら波動の低いマットレス、銀座に店を構えている一流ブランドのものだ。

ブランドなんて当てになりゃしない。酷い波動をしている。これ以降はただの悪口になるのでメーカーは伏せておく。しかし二度と買わない。今、本当はフランスベッドマットレスが欲しい。

ひどく波動が一定、安定しているからだ。(低波動の圧はそれなりにあるので…選んで欲しいのは、基本防ダニ抗菌消臭のもの。通常よりずっと低波動がすくないため。)

 

敏感な人が避けた方がいいのは羊毛混とかニット素材。今回それでソファも失敗したのだけれど布地のものは中の化学物質がだだ漏れでひたすら具合が悪くなる&鬱になる。

 

高いマットレスは買えない…🥲やはり仕方ない、今の財布事情である程度使えるものを探そう。

f:id:BeLucky:20201204022203j:image

鬱が長いせいで私自身の波動が安定せずいいものが見分けられない🥲

状態の良くない時に買うとまたひどい波動に当たる。同じような波動が引き合うからだ。

でもそれは困る…どうしたもんか、、、と考えた末にいいお客さんが続いた時を見計らって仕事後すぐに安価なマットレスを探しまわった。

 

ただ、会計を続けてかなり忙しくしていた後だから波動は低くない反面、混乱気味なものに繋がる可能性は否めない…。でもなんにしたって今よりは100%マシなはず!鬱はもうウンザリ。

 

そんなタイミングでまず目についたのは、エアウィーブだった。

↑エアウィーブは最初の状態はそれなりに圧があります。でも丸洗い出来るからかなりいい。化学物質は水で洗うと薄れる傾向が。そこら辺が◎。

 

しかし、長く使うかわからないし波動もこの状態で見極めが本当に大丈夫なのかがわからない。そこに2.3万かけるのは…間違っていた時に心のダメージが大きい。(捨てるのも返品も申し訳ないし、使えなくて客用にしまうにしても低い波動のものは集まると疲れるので嫌だった。)

うーんどうしよう…。

 

そう思っていたらいいものを見つけた。

波動圧がやたら少ない。軽いのだ。しかもちょうどブラックフライデーで半額になっており

9900円が→4950円‼︎

 

何より波動がいい。これなら万が一ミスったら捨てよう。そう思ってポチったのだ。そして、2日後には届いたのだが。

波動だけで決めたのだけれど、これが届いてみて驚きだった。

f:id:BeLucky:20201204023906j:image

↑商品説明。赤線部分。

…有害物質は一切含まない。

 

やはり…の一言に尽きる。

物の低波動の圧の正体は、ハンドメイドならば作り手の状態が反映されているし、工場生産の場合はほぼ化学物質と思う。以前から愛用していた布団はテイジンのものだったけれど、防ダニ抗菌のものでそちらもやたらラクだったのだ。

↑コレ。かなりおすすめ。

敏感な人は寝具の化学物質は避けた方がいいと思う。睡眠中魂は離れるもののその間身体は布団の中なわけで、合わない波動のものに包まれていると朝の目覚めにかなり疲れる。

 

風水では寝室は陰の気がいいとか言っていたけれど、私の場合マットレスが陰気すぎて鬱になったから一概に言えないのではないかと思う。人それぞれ許容があるのだろう。

 

さて、そのマットレス。昨日から敷いて寝ているのだけれど。

ひどく混乱した夢を見て朝目覚めから、やはり混乱したタイミングでポチったからな…とは思ったものの目覚めに鬱にならないのが何年ぶりかわからなくて感動してしまった。混乱した夢を見たところで鬱にならない方がずっといいし、ずっと布団から出たくない感覚も久々で幸せすぎる。

何より驚いたのが、彼。

いつもひどい波動をしているのだけれど、今日は帰宅後情緒も波動もそれなりにいい位置で安定していてびっくり!やはり睡眠時の身体の波動管理は結構大事なんだなと痛感した。魂は疲れを解消しに霊界に帰っても身体はこちらに置き去りだものな…。

 

明日、3年ほど使っていた彼専用毛布がひどい波動をしているのでこのタイミングで買い換えようと思う。目星はつけていて、無印良品の3990円の物にする予定だ。ベッドまわりから鬱アイテムを減らしたい。

 

ちなみに、一つ安心できることを付け加えると。今回マットレスをアマゾンで調べたわけなのだが、今使っているやたら低波動のぐるぐる巻きマットレスは検索しても全く出てこなかった。

 

以前からなんとなく感じていた

波長が合わないと検索でも上がってこないのではないか…?というぼんやりした疑惑に確信が持てた。これはもっと検証が必要だけれど今繋がるものでいきなりひどい低波動に当たることはほとんどないので安心して欲しい。

 

 

満たされない気持ちを自分でまず満たす方法。

f:id:BeLucky:20201129174527j:image

ごめんなさい、ちょっと脱線します。昨日満たされないがひどい人と一日中一緒に過ごしてクタクタ。でも、体感で感じることがあったので書いてみようと思います。

 

自分で自分を満たすことができない人はお腹にブラックホールを抱えているようなもの。

本当にこれ。この一言に尽きる。

自分で自分を満たすことの大切さに気づけない。そのくらい大変な状況なのだ。それよりも毎日の仕事を必死でこなしたり、なんとかギリギリで回して生きてるのか死んでいるのか、とにかく自分らしく生きていない人に多いのがこのパターン。

 

私自身が満たされない地獄から感謝しながら生きるに切り替えたので、今そういった人たちを見ると同情する。あー、アレは昔の私だ…と言った感じ。

 

でも、残念なことに苦労したものの感謝して生きる方に切り替えてしまうと、あのブラックホール、本当キツイ。変わってしまえば今となっては昔の私、一緒にいるのは結構辛い。

 

なにがキツイかって波動もだけれど、

 

⚫︎なによりも効率重視(楽しむとかない。)

⚫︎何をしていても楽しそうじゃない。

⚫︎いつも忙しそうでせわしない。

⚫︎手伝おうとしても拒否、自分一人でなにもかもやる。

⚫︎抱え込む。

⚫︎一人でなにもかもできるし、助けを受け入れない雰囲気が怖すぎて手出しができない。

⚫︎自分にも他人にも厳しい。

⚫︎結果手出しができない。(そのため本人は余計に助けてくれる人がいないから一人で頑張るしかなくなる。)

f:id:BeLucky:20201129235050j:image

お腹にブラックホールがある。

 

こうやって羅列しただけでも、

かなりキツイ世界の住人なのはわかってもらえると思う。そして指摘が厳しい上に笑いが少ない。とにかく怖い。

 

また、怖くないけれど仕事などで毎回毎回人の無理を聞いて限界まで頑張る人たちも疲れすぎていてとにかくエネルギーが吸われる。生きる上で楽しむ以前、疲れ果てているため全てが面倒でやっつけになるのだ。そしてそんな波動を纏うため、豊かな人や高い波動の人から避けられるという悪循環になる。本人はとても頑張っているだけに本当にツラい。

 

完全に幼少期の家庭環境と育成環境が関係してあのブラックホールは出来上がると感じる。私アダルトチルドレンだったからなー。我慢我慢の連続で限界思考の卑屈になったんだった。

 

ブラックホールを抱えた人たちは、満たされた経験がそもそも少ない。手放しに愛された記憶が極端に少ない上、ダメな自分を親から受け入れてもらえた経験がない。お陰で人と比較することでしか安心できない。必然優劣をつける思考が出来上がってしまっているからだ。

f:id:BeLucky:20201129175858j:image

どっちにしろ、両者とも自分だけで自分を満たすことができない。

指摘が厳しい人たちは私サイドから見ると、もうエネルギーの流出が激しすぎて一緒にいるとかなり疲れる&頭が働かなくなる。

f:id:BeLucky:20201129180518p:imagef:id:BeLucky:20201129180523p:imagef:id:BeLucky:20201129180528p:image

なんかこんな感じ。

 

このタイプはいつもイライラしていて指摘したり批判することで自分を保ち、周りのエネルギーを奪うことで成立させている。悲しいかな自分でエネルギーを生み出す方法はわからないようだ。

 

また、それとは違って毎回自分を犠牲にして仕事に打ち込む人たちも同じような状態になる。

f:id:BeLucky:20201129181247p:imagef:id:BeLucky:20201129181253p:image

仕事や家庭など忙しさに振り回されるのが毎日で疲れるのが通常になりすぎていてとにかく本人もかなり混乱している。

波動自体も混乱したすごいものを発しているため、一緒にいるだけでこちらはあり得ないほど疲れる。本人もなにがなにやらわからないようでいつも頭の中もとっちらかっているようだ。机が汚かったりしたらありえるので要注意。

 

f:id:BeLucky:20201129234924j:image

どっちも実際一緒にいるととんでもない疲労感に襲われる。

こちらはエネルギーが吸われすぎて夕方には背中が痛くなりだし、身体が硬くなり、頭が働かずエネルギー不足からイライラしてくる。しゃべるのももう無理なほど疲れて眠くなる。

 

両方に共通するのは、自分だけで自分を満たす方法がわかっていないことだ。

誰かと会って聞いてもらったり、ランチしたり、それはストレス発散としてとてもいいこと。でもいつもいつもそれができるわけではない。

このタイプは私もやっていた時期があって。だからわかるけれど、他者のエネルギーにお互い依存して生きているため自分で自分を満たすことのできない人たちの集まりになり大変疲れる。お互いに依存し合いになるためだ。寄りかかられると共倒れすらある。

 

旦那さんや奥さんどちらかがこのタイプだと、このタイプの方は休みにやることがないからいつも一緒に過ごしたがる。

しかしあまりに依存的で一緒に毎回過ごしても満たされないから不安定になりやすく、つかれるし何もかもが受け身でクタクタになる。

 

彼らの多くは無趣味だし、疲れすぎているし、生きるエネルギーが基本的に少ないため自分で生み出す情熱のエネルギーがないのだ。そのため相手がかなりエネルギッシュでないと一緒にいてもエネルギーを吸われて疲れるといった流れになる。

 

しかしどこまでいっても地球において、まずは変わるのは自分から。

そこが波長の法則の厳しいところで、周りも似たような波動の人が集まるため違う世界を見ることがなかなかできない。

 

それを打開するうえで有効なのが、

「あれ?私も周りも本当に正しいのだろうか?もしかしたらちょっとおかしいかもしれない…。」

 

という視点だ。これは、物理的にも今までの自分の波動を変えることになる。お陰で見えなかったものが見えて来るのだ。

f:id:BeLucky:20201130003404p:image
f:id:BeLucky:20201130003412p:image
f:id:BeLucky:20201130003409p:image
f:id:BeLucky:20201130003359p:image
f:id:BeLucky:20201130003355p:image

私自身、なんら疑問がなかった時期は周りは似たり寄ったりな人ばかりだったけれど幸せそうな人を観察するようになって真似しだすと初めて

「私の育った家庭は少しおかしかったのかも…。」

と思うようになった。すると、幸せな人や満たされた気持ちで日々を過ごす人と満たされない自分との違いがぼんやり見えるようになってきた。

 

その違和感を追い求めてはっきりさせたわけだが。私の場合、一番問題だったのは子供の頃に満たされなかった想いとそれに伴って成長しきれなかった情緒だった。

 

そしていつも自分の感覚と判断が否定されすぎて信じられなかったこと。お陰で人を見て人の真似をして恥ずかしくないように気にしてばかりいた。自分が満たされるなら人は人、自分は自分で自分のやりたいようにやってもいいんだということが身につかなかったことが原因だったのだ。それに気づけたのが、さっきも言った「私、なんかおかしいかも。」という視点だった。

 

自分のしたいことや自分自身を私が認めてあげてなかったのだから今思えば満たされるわけがない。

 

自分の本当に好きなものや本当はしたいこと、本当に嬉しいもの、それらは人と違ったりちょっと変わっていたりする。でもそんなところも自分なのだ。私はそれが普通と比べてあまりに違うことが恥ずかしくてそれを受け入れられなかった。結果いいと言われるものや常識に重きを置いて判断するようにした結果満たされない自分が出来上がった。そして、常識や正義感にとらわれて良くないとされるものを批判するようになった。現在TwitterSNSで芸能人の不倫などがものすごく叩かれるのも、昔の私のようなたちの延長な気がする。

f:id:BeLucky:20201130002729j:image

人と違っていいし、だから自分は世界に一人で違うからこそ素晴らしいのだ。

それがわかるまでに私自身はかなりの時間がかかってしまった。

今満たされない人は、早く抜け出すためにも満たされない自分とさよならするためには好きなものを再確認すること。そしてやらなきゃいけないことばかりを自分に強要しないこと。たまにはハメを外して限界までダラダラしたり朝からお酒を飲んだり好きに振る舞うこと。

 

そう言った怠惰と言われることを自分にも許すことで他人を受け入れるキャパシティは広がるし、満たされない自分と訣別していくことができると思う。

 

理性が大事といつも書いているけれど人間だからそうもいかないときだってあるし、全てを投げ捨てて失踪したくなる時だってある。

それをせず、なんとかうまく立ち回るためにはくだらなかったりダメな自分をやることで挫けずにしなやかに対応ができたりする。

 

斎藤一人さんや一休さんがやたら俗っぽかったり、素晴らしいとされる人物がやたらと人間臭いのはそう言ったことなのだと思うのだ。

 

かなり謎の話・人それぞれタグ付けされた土地、親和性の高い土地がある③

f:id:BeLucky:20201125174422j:image

 

↑関連記事。1&2はこちら。

 

私の場合、そのタグ付けされた場所(生まれ育った場所)がいい場所ではなかったので急成長を狙った。

地元はスラムみたいな地域だったし、毎日父からバカにされて育ったので自分自身も大人になるころにはその教育の賜物で歪み切っていた。何をしても上手くいかない…。そんな中で、前世の存在に気づいた。今世を決めてきたとおりにやることで少しだけ良くなるであろう現状と来世。来世またその続きをやるのは嫌だった。なんとかV字回復を狙いたかった。

 

大人になる頃には貶されすぎて自尊心はわからなかったし、できることなら早く死にたいくらいだった。そんな最悪な今世の続きを来世も繰り返すなんてうんざりだ。

 

そこで、全くご縁のない人たちをあえて選んで、そこに馴染む訓練をした。今思えば荒業すぎて本気で頭がおかしいと思うけれど、そのくらい本気だったのだ。

 

なんかいいなとか、直感とかは多分大人になるまでに歪んでしまっただろうと推察した。そこで直感は当分の間完全に封印することにした。歪んでしまった感覚が頼りにならない以上、頼るのは守護霊たちガイドとあとは倫理観と理性だった。

 

徹底して倫理観に照らし合わせて行動する日々。

神様ならどうするか?

キリスト様ならどうするか?

お釈迦様ならどうするか?

マザーテレサならどうするか?

 

そういった倫理観に照らし合わせて正しいと思うことを実行した。とはいえ、感情が追いつかない。感情は臍を曲げて怒るし嫌がるし泣くしもう少し頑張れよとお尻を叩いても言うことを聞かない。どうにもならなかった。

 

アダルトチルドレンが災いして情緒が大人に育っていなかったのだ。でも…私には甘える人も場所もなかった。悲しいかな、周りも私と同じで情緒の育たなかった大人ばかりだったのだ。だからこんなに負の連鎖が続いていることは明白だった。だったらやはり自分で自分をなんとかするしかない。

 

そのあたりは過去に書いたから割愛するが、助けてくれる人間がいなくて自分も育たなかった情緒を抱えて耐えきれずバスタブが溢れるくらい一人で泣いたと思う。

 

そこまでして必死で合わない波動で耐え続けると無理だった波動の人たちがだんだんとそこまで無理じゃなくなっていった。

やれば伸びしろは開発されていくもので、大人になりきらなかった情緒を少しずつ少しずつ成長させた。我慢ならないことを我慢して耐えることの連続だった。支えてくれる人はいなくても成長はできるもののようだ。情緒が大人になると、今までの2.3倍耐えることができるようになった。

 

すると、全く合わなくて嫌で仕方なかった波動もまあ、不快。くらいには持ち上げられる。思い返すと知らない波動に対する不安や恐怖を感じないように受け流すことができるようになったのがターニングポイントになったと思う。恐怖を感じると全てがマイナスに傾くからだ。

 

ありがたいことに私がそういった魂の開拓を必死でやると、もとの波動の家族や周りの波動も少しずつ上がってきた。さらに新しい波動の人たちもなんとなく融合ができるようになっていき波動の誤差はぐっと減って楽になっていった。(私の努力と、守護霊の協力の賜物だと思う。)

 

そうして私自身は育ってきた家族の波動と、新しく開発した波動、二つに適応ができるようになった。対応できる人種が2倍に増えた感じだ。しかしこのことがきっかけで色々なことがさらにはっきりわかるようになった。

f:id:BeLucky:20201125181930j:image

まず、パートナーがご縁を無理やりつなげてきたので元々縁もゆかりもない人。

すると新しい土地に一緒に行ったときにその土地に対する波動の対処の仕方が違うことが体感でわかるようになった。家族や身近な人は土地に対する対処の仕方すら似ているし、行く場所もある程度親和性のある土地を選んでいるのだ。

 

だから普通の人たちは波動の揺らぎを体感する機会すらなく人間も動物の一種とか思えるようだ。人間もこの世界もエネルギーであり、魂を携えた霊的な存在で人間だけが自由意志を有しているのに。

 

波動が基本的に全く合わない人といることで波動の揺らぎや変わり目、対処の仕方などが体感でわかるのが必然強化された。

 

言葉だと意味がわからないと思うから図解してみる。

日曜、彼と吉祥寺へ行ったのだが。

f:id:BeLucky:20201125181728p:image
f:id:BeLucky:20201125181743p:image
f:id:BeLucky:20201125181724p:image

しかし、ここに知らない土地のエネルギーが加わる(赤線)と私の対応しなきゃいけない波動が吉祥寺にいる彼の波動+吉祥寺の波動と2つになる。これがなかなかに大量のエネルギーを使う。

 

場所のエネルギーへの対処の仕方はどこでもそんなにかわらないのだけれど、都心部だと自然や木、森林があまりに少ないため気の補給ができない。そのため基本、エネルギーの縮小とセットになっている…合わない波動に対応するための余力みたいなものが自身の波動の縮小で全くなくなるのだ。

f:id:BeLucky:20201125182504p:image
f:id:BeLucky:20201125181738p:image
f:id:BeLucky:20201125181719p:image

都心部は気が低すぎて。体をスポンジに例えると水をたくさん含んでたスポンジが絞られてカラカラのスポンジになるような感じなのだ。

f:id:BeLucky:20201203180135p:imagef:id:BeLucky:20201203180139p:image
そのため、カラカラになった体の状態でその場(都心部)を動く間は大丈夫なのだが帰ってきてからと翌日ドット疲れる。カラカラが急激に水を吸うことで疲れが一気にくる。

地元の駅に着いた途端、自然が多いため無理やり縮み混んでいたのが元に戻るためエネルギー不足でイライラすることが多い。翌日は昨日無理やり縮小したエネルギーのもみ返しみたいなものが来て調子が戻らない。

 

自分が疲れ果てて自宅に帰ると家族に当たってしまったりする場合、このような状態になってるかもしれない。

 

長くなったので申し訳ない、④に続く。

 

 

 

かなり謎の話・人それぞれタグ付けされた土地、親和性の高い土地がある②

f:id:BeLucky:20201121015212j:image

最近更新が遅くて申し訳ないです…。ある程度自然と調和、チューニングして感じることを文字に起こすわけなのですが最近パートとサプリの納品準備でなかなかゆっくりした時間がとれず更新が遅めになっております。

 

さて、前回の続き。

↑①はこちら。

 

波動が上がってくると親和性の高いものや、合わない地域がわかるため同じようなパターンを無意識に繰り返しやすい。端的に言ってしまうと、いつも同じ店に通うとか決まった行動をとりやすい。なぜなら知っているため安心だからだ。

 

というのも、この世界は信頼がキーワードになる。意味がわからないと思う。

それをまず解説する。

f:id:BeLucky:20201121015244j:image

例えば。レジをしていてもそうなのだけれど…。

波動が高まると引き寄せが得意になる。逆に言うと引きが強いということは、反面その弊害的に陰の部分もでてくる。

 

万が一仕事中にものすごいエネルギーの人がきたらどうしよう…とか、混んでる時にひどい波動の人に来られたら対処できない…そんな不安な気持ちを抱くとする。すると引き寄せる力が強いのだからそれは素早く具現化、そのままを体感することになる。

f:id:BeLucky:20201120181858p:image
f:id:BeLucky:20201120181902p:image
f:id:BeLucky:20201120181840p:image
f:id:BeLucky:20201120181844p:image
f:id:BeLucky:20201120181853p:image

大体、数時間後には朝思った通りの現実が目の前にひろがり怖い思いをし、疲れ果てるのだ。それは単純に自分が考えた通りのことを体感しただけ。そんなことを繰り返していく中で体験は自分の思いが作り出すこと、そして不安を抱くこと自体が不安な体験に繋がりだめなのだと気づく。

f:id:BeLucky:20201120181849p:image

これを理解するとできる限り世界を信頼し、不安を抱かない訓練をするようになる。少なくとも私はそうだった。

 

反面、不安になる材料は出来るだけ避けるようになる。それは不安を抱くこと自体がその後すぐの恐怖体験とセットになるためだ。結果信頼が一番安心に過ごせるため、知らない環境は苦手になる。だって知らない土地で心の平穏を失って不安に傾くと霊にも乗られやすいし、パニックを起こしたりかなりの恐怖体験をするからだった。

 

これを幼少期から無意識で繰り返して大人になるまでに新しい挑戦が苦手になったと感じる。大人になるまで体調不良がほぼ毎日だったし当時波動ははっきりわからなかったが、知らない店に行ったり久しぶりな人に会うと必ずソワソワした。それを解消するためにお店に着いてすぐトイレの個室に数分滞在するのが、常だった。(これは毎回やっていたが無意識で波動調整してたと思われる。)

 

その後私もやたら波動が高まると自閉症の人や発達障害と言われる人たちと同じような症状がでてくることがわかった。

 

自閉症サヴァン症候群など同じパターンを繰り返したり、毎日同じことをしたり変化に弱い傾向はそんな状態がより強くでているためだと思う。波動の変化に敏感だからパニックを起こしやすいのだ。

f:id:BeLucky:20201121015348j:image

 

先日、知的障害なのかな?と感じる子が、他のレジが空いていてガラガラな中私のレジにお客さんがいなくなって開くまで待っていてくれた。それをみたときに感じた。あーわかるんだなと。

 

彼自体の波動は澄んでいたし、ずっと笑っていて私よりよっぽど波動は高いと思われた。エネルギーを感じてよんでいて、まだマシな私のレジに並んでくれたのかなといった印象。

 

地球的に障害とされる症状の人たちは、普通に生活できる健常者と言われる人間より進化しているし魂は先輩たちだと思う。というのも、これは前回描いた話にもつながっていて

f:id:BeLucky:20201120182935p:image

みんな地球上の生物は魂の根が繋がっていて個々の意識はあるものの一つの大きな生命体みたいなイメージなのだ。

知的障害や自閉症サヴァン症と言われる私たちより進化した魂をもつ彼らが地球に転生してくれることで地球が若い魂ばかりになり不安や悪い方に傾きすぎないように脇を固めて中和してくれている。彼らは善性が高いからだ。

 

実際魂は進化すればするほど負荷が増えるし、制約も増える。そんな中でも楽しく暮らすにはある程度魂が進化していなければ到底できない。

f:id:BeLucky:20201121015600j:image

発達障害自閉症は決して病気や障害ではないし、地球の普通とされる人たちの方が実は進化が遅れている。私たち健常者とされる人たちの方が障害とされる人たちの足を地球全体を低い波動にすることで引っ張っているのだ。愛のレベルが低すぎるから。

 

障害とされる人たちは原子時代に未来から来た人が記憶喪失なうえ裸できているようなイメージ。地球全体の波動が高まれば彼らはみんなもっと素晴らしい能力を発揮するようになるだろう。

f:id:BeLucky:20201121014042j:image

そんなふうに波動が上がると自分に合う合わないがはっきりわかるし、好き嫌いも激しかったりする。

食材でも、土地でも自分にとって波動が合うもの、合わないものがある。

 

それを好き嫌いとして把握している場合もある。感覚で今必要なものと必要じゃないものがわかるのもある。なにより波動が上がってくると年中無休で寝ている間以外は低い波動にさらされて生活をしていて自身の心のエネルギーがいつも低下している。 

 

hspといわれる人たちもそうだが、無意識に相手のして欲しいことが理解できるため相手がやりやすいように合わせることができてしまうのだ。

 

地球全体が他者に対して優しい場所なら、エネルギーはお互いにギブアンドギブでまわるため疲れないし、優しさが連鎖する。しかし、与えるばかりで返ってこない地域や人が周りに多すぎるといつもエネルギー不足になるし、ここ数年の私のように鬱に見舞われる。そして低いエネルギーのものは具合が悪くなるから避けるようになる。化学物質に過敏になったり、皮膚疾患、精神疾患なと様々な問題がで出すのもそんな理由からだ。

 

いまレジをしていながらとても驚くのが、自分のペースを守りながら周りや宇宙を信頼してみんなに親切にすると地域が豊かなこともあってかお客様はみんな最後ありがとうと微笑んでくれる。すると、疲れ方が全く違うのだ。ありがとうと感謝のエネルギーが豊かさを引き寄せることはわかっていたけれど体感としての疲れがこんなに違うなんて!本当にびっくりしている。感謝をしないことがエネルギー泥棒なのも頷ける。

f:id:BeLucky:20201121020148j:image

そんな感じではっきりわからないにしろ、波動が上がってくるとなんとなくでわかることはみんなも増える。

すると不安を感じやすい場やなんとなく合わないなと思う地域は除外、似たような土地やお店を選ぶという行動パターンになる。

好き嫌いがはっきりする感じだ。波動が合わないことで精神的に不安定になるのを無意識で避けている。

 

私も好き嫌いだと認識していたのだけれど、ある程度波動が高まると疲れる場を除外していただけなんだなとわかるようになった。今は基本能力が昔より高いので許容範囲は広がって多少不快な地域も大丈夫にはなってきている。が、昔感じていた馴染みのない場は波動が全くあわなかったんだなとわかるようになった。

 

派遣として販売を何年もしていたけれど。

一番精神状態が悪い時期にお世話になっていた地域は本当に今いたら精神的な病気になると思う。そのくらい波動が全く合わない。

 

私自身最悪な時期だったのであの場に繋がったんだなとは思うけれど、選り好みはしないタイプでくる仕事をそのまま受けてやっていたので

神様はどうやってこの波動の法則をうまく操っているのかと本当に驚くばかりなのだ。

 

③で最後。続く。

 

かなり謎の話・人それぞれタグ付けされた土地、親和性の高い土地がある①

f:id:BeLucky:20201118180545j:image

今日の話は本気で謎すぎるので、必要な方にだけ届けばいいと思う。書いてて私自身も謎だなと思うので。

 

波動を高めると色々なんとなく感じることが増えるのだけれど…。

以前から書いている通り波動は極端に高めると人として生きるには身体の居心地が最悪になる。物質は粒子が粗いからとかよく見るけれど、多分その解釈で間違ってないと思う。

 

あまりに波動が高まると普通の人と接するにはザワザワするし、車は怖いし、大きな音は苦手になる。人相手の場合、波動が高い時に全く合わなすぎると喋っててもなにか時空が歪んでるような感覚を覚えることすらある。なんとも伝えづらい感覚だけれど。

 

そんな時は暗い話題を観ると圧にやられて魂が抜けたみたいに浮遊感が出るし、外圧に敏感になるせいで身体の居心地が悪い。

 

ただ、そのかわり引き換えみたいな感じで感覚でわかることがやたらに増える。土地の波動の変わり目をはじめ、例えば地域と地域の親和性の高い場所がなんとなしにわかるのだ。

 

数年前に誰かのブログで地球に生まれてくる時に招待状みたいなものを全員渡されて生まれてくるみたいなことが書いてあって、当時の私は

 

👩‍🦰「???」

 

と思ったものだったのだけれど、今になってみるとなんとなくわかる。

f:id:BeLucky:20201118235009j:image

同じソウルグループの人たちは大体同じメンバーであらかじめ決めてきたシナリオを演じる。

私はこれに逆らって全部取っ払って全く合わない人をあえて選んで5年くらい前から一緒にいてみたわけなのだ。(色々気づいたけど今思うとやりすぎ笑。)

 

実際そんなだと土地も合わないし、人も合わないし、病んでくるし、なによりやたら浮きやすくなった。生きてる意味もよくわからなくなるしグラウディングがやたら弱くなったのだ。

 

グラウディングする上で周りを固めるソウルグループの周りのメンバーは結構大切なのだと感じた。魂は根がみんな繋がっているからそこから一人だけ遠く離れると周りとのつながりが薄れて浮きやすくなると思われる。以前描いたこれ↓。

 

f:id:BeLucky:20201118183342p:image
f:id:BeLucky:20201118183337p:image

f:id:BeLucky:20201118183332p:image

さらに大きく捉えると

f:id:BeLucky:20201118185819p:image

ソウルグループ全体で繋がっていて、さらには地球みんな根では繋がりがあって地球上の生物全てが一つの大きな生命体みたいなイメージ。人って実は植物とすごく感覚的には近いのだと思う。

斎藤一人さんが以前魂の流れ的には

 

石ころ→木→動物→雲→人間

の順だと言っていたが、そうなのかもしれないとたまに思う。私自身、疲れたら太陽光で波動調整して雨が続くと鬱になるし、とにかく植物みたいだなと思うことが多い。太陽や森林浴で元気になるし。

おまけに、雲はたしかに、太陽が見えない時にちょっと場所を移動してくれるように念じるといなくなる。どいてくれるのだ。人間直前の魂だから話が通じると一人さんは言っていた。信じられない人はやってみるといい。人は一人で生きているようで実際は地球全体、みんな繋がっているのだ。

 

f:id:BeLucky:20201118235945j:image

だから一人一人の心の持ち方が本当はすごく大切で地球全体の🌏未来に少なからず影響を与え合っている。

 

なにかこんなことを書いていたらふと、ヴォイニッチ手稿を思い出した。あれも人と占星術、植物が描かれているけれど感覚的にヒトや魂、宇宙のことが描かれているように感じる。

 

↓ヴォイニッチ知らない方はこちら。(1400年代のものらしいから波動注意。わかる人は胃にくるよ。)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ヴォイニッチ手稿

 

これ、波動はかなり悪いけれど。

ほんとに限界の苦しい中での気づきがあるとこれに似た波動のものが出来上がる。だから圧はすごいけれど、なにかものすごい叡智なのかもしれない…。

f:id:BeLucky:20201119000340j:image

さて、話を戻そう。人それぞれタグづけされた土地・親和性の高い土地がある。

自身の波動が低いと土地のエネルギーがあまりわからないからどこでもいける傾向が強くなる。逆も然りで波動が高まると苦手な地域が増える。

 

しかし、実際は生まれ育った土地がホームグラウンドのように自分のエネルギーが強化できる場になる。縄張りみたいなかんじ。

 

生まれ育った土地や地元でも10年スパンで長時間離れて暮らしているとその土地のエネルギーとは合わなくなり今の住んでいる場との親和性が徐々に増えていく。タグ付けされる場が変わる感じ。

 

私みたいなタイプだと15年近く地元を離れて暮らしていて、今年久々に地元にUターンで引っ越してきたわけだけれど。地元なのに始め全く波動が合わなかった。家自体も引っ越した当初は全く波動があわず、具合が悪くなる日々だった。

 

当初土地に馴染めず違和感が酷かったのだか、3ヶ月を過ぎたあたりからマーキングが済んだというか、土地にタグ付けされたようでだんだんおちつけるようになって、8ヶ月を超えた今、やっと帰ってくるとホッとできるようになった。

 

そんな感じで徐々に新しい土地にはタグ付けされていくシステムになっているようなのだ。(多分、急激にやると気が狂うとかなんかしらの弊害が出るんだと感じる。)

 

地方から出てくる場合も、いきなり新しい土地に住むことになるわけだけれどその土地もなんとなく親和性の高い場所をうまく選んで引っ越してくる。

 

それを人はなんとなくここいいなという感覚やこの場所ホッとするなという感覚によって見つけているようだ。

 

謎の話だけれど、次回②に続く。

 

感謝できない人に囲まれると感謝できなくなる話。

f:id:BeLucky:20201115161416j:image

土日は疲れ果てる…。

ふー疲れた…。

前から書いているけれど、今まで付き合ってきた人は少なからず父にそっくりな人が多い。今の彼もだいぶ良くなってきてはいるものの、たまに本当に疲れることが…。

 

↑こちら。

 

相手の波動が上がるように働きかけることはできる。でも、本当にエネルギーを使う。ここ3年間家族だけでも…と、波動をあげるためにやり続けてきてだいぶ上がってきているけれど、やはり大変。

 

人は変えられないから変わるのは自分で、その変わった自分の影響で周りが変わっていくので優しさで接したり明るく振る舞うことが結果的に影響を与えることになる。わかってはいるのだけれど、冗談抜きに普通に生きているのの3倍はエネルギーを使うと感じる。

 

現在彼が勤めている職場は、話を聞いていると本当に優しさが少ない場所だと思う。自分勝手な人や無茶な人が多い。そんな人たちと働いているわけだから土曜は毎週廃人のようでただただ嫌なヤツになる。

 

私も毎回毎回嫌味を言われて、それでも怒ってもなにも変わらないのは今までで学んできているのでただただ笑って明るく過ごすわけだが、いやー疲れる。

 

優しい人は世の中たくさんいるのになぜこんな人といるんだろ…と土曜は本気で思うけれど笑、多分私がもっと成長したらこれすら平気になるのかな?達人気にならないらしいし。

 

しかし、この人といなかったら多分ここまで成長しなかったろうし、これでもだんだん良くなってきてるし…。やはりありがたいのかなあ?とりあえず今やれることを精一杯やろうと言った感じ。(最悪一人でも生きていけるしね。)

f:id:BeLucky:20201115165036j:image

母がマスクつくってくれた❣️可愛い✨

 

さて、そんな彼を見ていて思うのが。

嫌な人の周りには嫌な人ばかり集まっていて、

逆にいい人のまわりにはいい人ばかりが集まっているってこと。話を聞いていると本当に大変だなーと思う。(ま、その場にまだ居るということは同じ波動を持っていて彼にもまだ学びがあるのだろう。)

 

とはいえ、私自身、土曜日彼と居るとあまりにエネルギーが吸われるため疲れて嫌なやつになってくる。感謝ができない人の溢れた環境に身を置くと自分も感謝ができなくなるのだ。朱に交われば赤くなるというやつ。なにをしても仕事なんだから当たり前だと思う人ばかりだからお礼も必然少なくなるのだろう。感謝をしないということは、相手からエネルギーを奪うことになる。それっていいことではない。奪うことは相手の気力を奪うことになるため霊的な世界では罪になるからだ。

しかし、感謝がない人たちの中にいるとなにをしても当たり前なため感謝をすること自体が異質になるのでその発想すらなくなっていたりする。

↑関連記事。感謝をしない波動の話。

 

そんなこともあるので終身雇用制がどんどんなくなり、コロナもあってリモートに移行していくのは私は賛成だったりする。低い波動の影響はそれだけ強いし、優しさって悪意の前では消し飛ぶから。魂の成長を考えると感謝できない環境はかなり痛い。

というのも、人生を好転させたり奇跡を可能にするのが感謝のエネルギーだから。

リモートはそんな今まで会社の波動に振り回されていた人たちに自分らしくいられる時間を提供し、少し立ち止まって今後のことを考えるきっかけをくれている。考え方を感謝に切り替えるいいきっかけにもできるわけなのだ。

f:id:BeLucky:20201115170224p:image

直に受ける波動の影響はやはりそれだけ大きいもの。

まだまだみんなが模索する時期ではあるが、そんな中でも今後さらに加速して魂の時代に突入していくと感じる。なので、新しい生活様式は嫌がらずにどんどん取り入れた方が後々未来の自分への投資になるだろう。

 

⚫︎リモートになり合わない波動とはおさらばして自由に低い波動の影響を受けずに良くなっていく人。

⚫︎まだまだ波動に気づかず今までの生活に戻ろうとする人。

⚫︎うまく融合させて先に進む人。

⚫︎田舎に移り住む人。

 

いろんなパターンはあるけれど時代の流れを読むと現状変えられない場所は受け入れつつ、新しい変化を受け入れながら自分らしく無理なく生きられる環境を今模索する人たちが今後今までよりも楽に楽しく生きられると思う。

 

コロナはマイナス面ばかりでなく、

コロナをきっかけに良くなっていく糧にできる人たちがいることを忘れずに自分もそうして行けるように家族にも働きかけられたらな…と思うのだった。

 

魂のステージ移行期におけるパニックを起こしやすい人の原因と対処法②

f:id:BeLucky:20201113155956j:image 

前回の続き。(あくまでも私の体験をもとに書いています。)

↑前回の記事はこちら。

 

意識の拡大が始まると、気が下がりきった状態の時はスカスカのスポンジみたいなかんじになる。

それは、気が枯れた状態ってスポンジから水が抜けてスカスカになった状態みたいなかんじになるのだ。

f:id:BeLucky:20201113160723p:imagef:id:BeLucky:20201113160730p:imagef:id:BeLucky:20201113161730p:imagef:id:BeLucky:20201113161000p:image

そう言った地域はほとんどが肉体優位(というか、人間は動物の一種だと信じていたり、死んだら終わりと思っている方がほとんどで霊性にスイッチが入っている方はほとんどいないと感じる。そのため、完全に肉体優位になるため霊的なスイッチはほとんど入らなくなる。というのも、気が低すぎて心のエネルギーが慢性的に足りないため増やそうにも生きるだけでやっと、なかなか瞑想しようにもその気力すら湧かなくなる。幽体が限界まで縮んだ状態で場所との調和が取れるようになるからだ。

 

f:id:BeLucky:20201113160743p:image
f:id:BeLucky:20201113160737p:image

それが、いきなり気の高い場所に放り出されると一気にスポンジが水を吸収するような状態になる。

f:id:BeLucky:20201113161448p:image
f:id:BeLucky:20201113161500p:image
f:id:BeLucky:20201113161454p:image

それは一体どんな時に起きる状態かというと、

仕事のため家から地下鉄にすぐ乗り、電車にゆられること1時間、いきなり都心の都市に着いたときによくこのパニックがおきる。 

 

要するに、家からずっと低いエネルギーを引きずってきたのにいきなり解放された瞬間。その変化についていけなくてパニックになるのだと感じる。

f:id:BeLucky:20201113163609p:image
f:id:BeLucky:20201113163557p:image
f:id:BeLucky:20201113163621p:image
f:id:BeLucky:20201113163614p:image
f:id:BeLucky:20201113163604p:image

色々なことが一気に起きて適応ができずパニックを起こすようなのだ。私の経験と分析を総合するとそんな感じだと思う。小さくなりすぎた意識が閉塞感のある場所から一気に空が高い場所に出されるため恐怖が襲ってきてパニックになることが多かった。

f:id:BeLucky:20201113165629j:image

回避するためには。

魚を飼ったことがある方はわかると思うが、新しい魚を購入すると水合わせが必要になる。海水魚だと特にわかりやすいが、

 

⚫︎水の温度調整。

⚫︎塩分濃度の調整。

 

それらを怠って急に新しい水槽に移すと魚は死んでしまったりする。それと同じで、波動が不安定で下がりやすい時期はパニックを起こしやすいため魚と同じで調整時間が必然になる。気が下がりきった状態から、ゆっくりと通常の状態に意識を拡大させ戻すには私の経験だと大体1時間〜2時間かかる。

 

地下鉄や地下などの狭い密閉空間にある程度長時間押し込められると気が下がってしまうため、そのまま高い空の下にいきなり出るとパニックを起こすので外に出たい場合は、ちょっと天井の高い場所(デパートの1階や天井の高いショールーム)で一時間から二時間調整してから外に出るとパニックを起こさなくてすむ。

 

 

閉塞感のある場所は意識やオーラが意識せずとも縮むためだ。

意識の拡大が起きて来ている人(魂の目覚め)に直面していると波動が非常に不安定になるため外圧に敏感になる。人混みはかなりの人酔い、具合が悪くなりやすくなる。

また、内部の光(魂)が不安定になりながらも強くなり出すタイミングなので抱いた不安が見えない存在から見つけやすくなるため霊障が起きやすいのも覚えておいてほしい。

f:id:BeLucky:20201113165638j:image

外に出る前、電車でパニックになりそうな時は。

とにかく不安だと思うと不安に集中してしまい確実にパニックになるので、そんな時は

 

⚫︎呼吸に集中

⚫︎不安は考えない。

⚫︎頭を空っぽにして無。(なにも考えない。ただただ呼吸に集中)

⚫︎意識的にぼんやりさせる(色々思考をめぐらすと不安な要素を見つけやすくなりパニックになる)

⚫︎できるならば寝てしまう(意識の遮断)

⚫︎自分の不安に霊まで集まってくることを理解してとにかく不安に思考を合わせない。

⚫︎音楽を聴くことに集中。

 

それらが私がやってきたことの中では効果があったと思う。

精神論で申し訳ないけれど、魂の成長をし、意識が拡大してくると理性が本当にコントロールの鍵になるので気を強く持つ練習は必須になると思う。

 

不安は普段から解放する癖をつけてほしい。