こころのこと。

      人生ハードモード。            親ガチャを盛大に失敗した私の回復記録。笑

お金がナイ→内観したら→お金が嫌い😭の巻②過払金を調べてみる。

f:id:BeLucky:20200821200600j:image

お金は私を苦しめるものという思いがあるからお金に苦しむ。

幼少期からお金の話をしたときに嫌な顔をされ続けたことがお金と嫌な感情をしっかり結びつけた一番の原因だと思う。(今現在も嫌な気持ちになりながら書いている。)嫌な感情が多すぎるといい感情に簡単に上書きすることができない。

 

お金に対して、

⚫︎支払いが怖い。

⚫︎いつもお金ない。

⚫︎お金のせいで苦しむ。

 

お金に対して潜在意識に嫌なイメージしか持てないのに、表層意識だけお金はいいもの!お金大好き❣️にしてもそんなものは簡単に消し飛ぶ。ハリボテだからだ。根深すぎる場合感情の解放をしないと根本的な改善がなされないため、ゴミ箱の上に香りのフレグランスを置いているような感じになる。

f:id:BeLucky:20200821201719p:imagef:id:BeLucky:20200821201753p:image

そしてこの潜在意識は自動的な引き寄せに実際かなりの効果を出している。

f:id:BeLucky:20200821202446p:imagef:id:BeLucky:20200821203119p:imagef:id:BeLucky:20200821203017p:image

迷惑な自動引き寄せ発動中。

来世も貧乏はマジで嫌なので今回は徹底的に感情の解放&立ち向かうことに。

すると、今朝早々にテレビを見ていたら子供の頃からお金の教育をするというキッズマネースクールの特集をやっていた。

 

👩「え、もう?!有難いけど、学びのサポートがスムーズすぎるわ…。」

f:id:BeLucky:20200821203843p:image

お金に関して後ろ暗い感情満載な私は正当なお金の話がかなり苦手なのでチャンネルを変えたかったのだけれど、

 

👩「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ。」

 

とそのままにした。

なんだろうね?

とにかくお金に対してあんなに小さい頃から前向きな感情を持てることに対する悔しい気持ちと、なぜあんなに不遇だったんだろうという気持ち、お金のせいでやたら苦しんだ記憶や未だに苦しんでることなどが一気に押し寄せてきてキツかった。感情の解放を繰り返してなんとか落ち着きを取り戻した。

 

私自身は幼い頃から叩かれるのが怖くて言いたいことが言えないのを始め、お金の話は極力親としたくなかった。自分で働き始めて稼ぐようになると今までの反動で買い物依存症になった。着飾るとひとより劣った自分と劣等感が隠される気がした。

 

加えて、潜在的に私を苦しめるお金がいつまでも私の手元にあるのも居心地が悪い(ないことに慣れているから)。そんな理由からあるだけ使ってさらに借金にハマっていったのだった。愛がずっと足りなかったから、今思い返すと愛の足りなさを物や服、着飾ることで埋めようとしてたんだと思う。幼い頃からお金には私よりも価値があることをずっと感じていたから悔しかったのだ。お金より価値がない扱いを受けてきた私によるお金への仕返しだったように思う。

その時期、支払うときにお金をカルトンに投げるのではなく置きなさいと注意された記憶がある。多分お金が本気で大事には思えなかったことの現れだろう。

f:id:BeLucky:20200821210946j:image

夕方ちょっとした予定外の請求書が届きプチパニックに。

👩「待って、学びのサポート体制迅速すぎるでしょ💦」

 

感情の解放をして、潜在意識を切り替えないと大きな改善は望めない。そのため本気で向き合って改善をしようと思うと不安に揺さぶりをかけて恐怖を解放するのが行程としては必須になる。それはわかる。だから、揺さぶりをかけるために精神が不安定になるようなショックな状況に追い込んでくれていることもわかる。

 

散々感情の解放は繰り返してきたけれど恐怖と深く結びついた感情はプラスに切り替えるのが非常に大変になるからだ。ひとりでやれるだけはやるけれど、最後は多分守護霊の力を借りないと解放できないだろう。

 

と、いうか、私の今世抱えてきた解消物でお金の課題が最大で最後の難関で間違い無いからだ。感覚だけれど、これを0地点になんとか戻せたら多分飛躍一択しか残らない。

年齢的にも40が見えてきたので、折り返しにはまだ早いけれどもう今回絶対に越えないといけないタイミングに来ていることも感じていた。

 

そこで、仕方ない、追い込んで荒療治に出ることにした。

超不安になるのは絶対に間違いない、借金を繰り返してきたので恥ずかしいが過払金請求の電話をかけてみたのだ。散々悩んだがやるしかない。

 

こんな真正面からお金にだらしない話を他人に伝えたこともないし、私の秘密中の秘密。家族にバレたらマジでやばいのもわかっている。が、ここまで来たらやるしかない。

 

とりあえず電話をかけて、現状を伝えたところ来週の週中で過払金請求の事務所を訪ねることになったのだった。

 

👩‍🦰「お金の課題、超えられるかなあ…。」

 

 

③に続く。